読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(東西感想文)世界変えるのは俺たちなのさ

ジャニヲタ

 

東西SHOW合戦が無事終わりました。

感想を一言で、と言われたら「行ってよかった」とだけ答えます。

初日と最後の土日の昼夜昼公演のこと、自分用に覚書します。気持ちが切れるまでいきます。

 

  • オープニング

始まる前、ジェシーの英語と西畑くんの日本語のナレーションから始まる。ジェシーが英語で言うの聞き慣れてるけど、コンサートのオープニングとしてここでナチュラルな英語聞けるの、かっこいい。

 

一発目が一番最近できたオリジナル曲、ってこれデビューコンじゃん!!!まさにデビューじゃん!!!!みたいな気持ちになれるセトリの組み方最高。こういう、すぐデビューっていうところがすと担叩かれるんだろうけど、だってデビューコンみたいだもん。最高。

 

  • BIG GAME / 関西Jr.

SixTONESが赤で決めてきたのに対して、青でかっこよく戦ってるの、かっこいい。まさに合戦が始まる、って感じ。関西担の友達が「4人しかいないビグゲにびっくりした」って言ってたけど、大勢曲を4人で魅せ切るってすごい。

 

  • 浪速一等賞〜weeeek〜好きやねん、大阪〜Ho!サマー/全員

西→東で歌って、からの好きやねんで「やらへん、やらへん」ってSixTONESが拒否ってからの、「ほんでもってそんで〜」って踊り出すところまでがまるっと好き。あと、いつから始めたのか、Ho!サマーの「ほくじゅりシャワー」ね。シャワーの振り付けのところで、北斗くんがシャワー役して、樹がシャワー浴びるの。最後、樹が蛇口締めるところまで付き合ってあげる「ほくじゅりシャワー」可愛すぎた。最近ほくじゅり不足してたから今回満たされる〜。

 

  • SHOW×SHOW/全員

♪摑み取れ、ナンバーワン

世界変えるのは 俺たちなのさ♪

うん、マジでな。世界変えような。アイドルっぽい曲調の割に、歌詞が熱い。初日はもっと踊ってた気がするけど、後半はお手振り多めになってた。そこはちょっと残念。♪勝負はEast&West♪のところで交互にジャンプするのよかったから、どっかで披露する時にはがっつり踊ってね。

あと、♪情熱的に〜♪ってところで、きょもほくが付きそうで付かない距離感で背中合わせになって歌ってて「おおお!歌割最高〜!!!千秋楽までに背中くっ付くか〜」って思ってたのに、25日夜と26日昼はくっ付くどころか距離離れてたからさみしいよー。これもがっつり踊るときには背中合わせ復活求む!

 

$10歌いながらバスケしようって言ったの、だれ。ゴール回そうって言ったの、だれ。最高。チーム我から始まったSixTONESとバスケの繋がり。バスケは正直リスク高いし、決まらなかった時あぁ…ってテンション下がるから観るのしんどいんだけど、でもそこに挑戦して自分たちのできる最高の技を披露してくれるSixTONESがやっぱり好きだと思える演目でもある。連続ダンクだけだってすごい大技なのに、そこに色んな技挟んでくるからね。常に過去最高更新しようとしてくるSixTONESバスケ。

あと、今回は歌いながらっていうのも、SixTONESらしくてよかった。

 

  • 関西フラッグ(NEXT STAGE)

これ、ジャニフワの演目かな?観たかった舞台だったので片鱗だけでも見れてよかった。フラッグ投げて、キャッチしてポーズする室くんが男らしくて好きでした。

 

ジェシーの英語から始まり、京本の高音が響き、曲調切ないし、歌詞は未練タラタラだし、私が京ジェに望んでた歌、コレ!って感じでした。初日以降、歌詞検索とかJAS●AC検索とか色々してみたのに出てこなかったけど、オリジナルなんだね。京ジェ天才かよ。京本くんのセルフプロデュース能力の高さハンパない。これ、SixTONESのデビューアルバムに絶対入れてね。

 

後ろから樹、北斗、森本慎太郎高地優吾出てきて、和服SixTONES揃うの最強。チャラいけど、チャラくない。演舞場だから和服着ようと思ったんだよね?いいよ、いいよ。かっこいいよ。北斗くん、さすがの塩顔代表だからハイパー似合ってたよね。しかも、曲がセクシーでな!首回りから溢れ出すセクシーさで直視できなかったよ。ガン見したけど。

 

  • 誘う / 関西Jr.

前で関西歌って、後ろの階段みたいなセットをSixTONESが上ったり下りたりするんだけど、サビの時に「いざなー!う!!」ってふんばるポーズするの。それが可愛い。「う!」

 

  • 雅 / 全員

初日に聞いて、「ジャニワだ!えびだ!箱からキラキラの紙流すやつだ!」って思ったんだけど、あってるよね?

最後の方は花道と舞台の付け根あたりが北斗くんの立ち位置だったので毎公演うまいこと観れたんだけど、和服で険しい顔(一生懸命な顔)で踊るの、かっこよかった。

 

東西Jr.のそっくり顔がついに!共演!!メガホン持って歌うのかわいかったねー。でも、これは、バックのたにむーの視線泥棒さがズルイよねー。

 

初日のわたし

「きゃーーーーー!」(あー大西くんかわいいいいい!!!猫中毒ーーー!!!)

「きゃーーーーー!!!!」(あーー!さらに!!!きょもたーーーん!!!猫耳ー!!!!かわいいいいいいいい!!!!!)

「………きゃーーーーー!!!!!!!!!!!」(聞いてない松村北斗猫耳聞いてない無理無理息止まる立てない無理無理)

って感じでたいそううるさかったと思います。後半日程は心の準備出来てたけど、うるさかったと思います。あの時のデシベル、いくつくらいかな?スト担だいぶ声出てるよね?

この曲、猫耳付けて歌って踊るののもかわいいんだけど、歌割がそれぞれでかわいいんだよね。京本「寂しがりなのに」北斗「一人が好き」とか。あと、京本くんの肩を北斗くんが「前足フミフミ足踏みをして」ってフミフミするのかわいかった。猫中毒見るなら全貌観れる二階がオススメでした。

 

前の曲の影響であんまり記憶がないんだけど、樹がラップしながら腹チラするのかっこいいよねー!メンバー全員超踊れるから舞台狭いなーって思いながら、一緒にペンライト振ってた。

 

  • 星を探そう / 西畑

Anotherで歌ってたんですね。桐山くんのイメージだったのだけど、西畑くんの優しい歌声いいね。ステージに手を差し出すたびに輝く照明。センターで歌う姿はとても「ジャニーズ」だった。

 

  • Brave Soul  (仮)/ 全員

私に今長い物渡したら、直ちに「ブレイブ!」「ソウル!」ってこの曲の真似するから気をつけて!

赤い孫悟空みたい衣装着て、長い棒振り回して20人全員で踊るの。歌うの。曲もかっこいいし、歌詞も♪お前には負けない 俺が取るんだ テッペンを♪っていうJr.らしい歌。

北斗くん、ソロで長い棒回すところがあるんだけど、かっこいいんだよーーーー。舞台の真ん中で長い棒振り回す自担がこんなにかっこいいなんて思ってもみなかった。思ってもみなかったことだらけのSHOW合戦だけど、ここまでが前半戦って感じで、最高潮にブチ上がったところで、しばしコント。

 

  • コント

まず最初に、室龍太くんありがとう。「東西SHOW合戦って何するの?9割コント?」とか事前に言ってたけど、ワンコーナーのコントで、あんだけボケまくる奴ら抱えて9割コントしてたら室くん死んじゃう。ワンコーナーでよかった。もっと見たかったけど、もう満腹。どんな小ボケも、笑いに変えてくれる室くんがいたから成立したんだよ。ありがとう。いつかの公演で「よくわからんのはボケとは呼ばんのじゃ」みたいなこと言ってた。SixTONESに笑いとは何かを教えてくれてありがとう。覚えてる限りの面白かったこと書いときます。

 

【18日昼】

それぞれのキャラ設定を教えてくれた、初回。

室くんの紹介で登場する「あ!あれは町一番の美女の松村さん〜!」マリリンモンローの風下から浴びてノリノリで登場。

宝くじの当選番号は胸元から取り出す。室「汗びっちょりやないか!!!」

みんなで家の中入ったところで室くん宝くじを「おみくじ」って言い間違えて、おじいちゃんと警官に突っ込まれる。

停電してから宝くじがなくなったのを探すとき、胸元を何度も確かめる町一番の美女松村さん。

無事に見つかってジャピナ!

 

【25日昼】

慎太郎の幼稚園児オカマキャラ。

こうじとジェシーのキス。

不審者連れてくるイケメンポリス。妖精流星の眩しいポーズ真似する下手自由人ズ(ジェ、こじ、樹、慎)

ミュージカルスター京本さんはキンキ先輩に乗り移られる「うわー!やめろー!!!光一くん」硝子の少年〜♪「うわー!やめろー!!!剛くん!!!!」もう君以外愛せない〜♪室くん「クオリティ高いねん!!」

町一番の美女松村さん「わたし、セクシー?」室「セクシー」松村「わたしは?」室「セクシー!」松村「結婚するなら?」室「ゼクシーな!」

階段オチは慎太郎。オカマ幼稚園児キャラ忘れて、キレキャラ。

無事に宝くじ見つかってジャピナ!

 

【25日夜】

室くんのかつらがサザエさんスタイル。

ミュージカルスター京本さん、風磨に乗っ取られる。「げ!げ!げり!げ!げ!げり!!!」下手で笑い転げる慎樹。

村一番の美女松村さん「わたしは?」室くん「セクシー」松村「わたしは?」室くん「セクシー」松村「結婚するなら?」室「ゼクシィ!!」

当選番号発表のときに突然室くんに「姉さん!」と呼びかける北美さん。あまりにも突然すぎて全員きょとん。もちろんきょとん顔の室くんは、一呼吸置いて「……わかめ!?」と最大限のツッコミ。「にゃー」とタマの真似する康ニ。からの、「えぇーーー!」ってマスオさんの真似する京本さん。(この流れ天才)

宝くじで100万円の使い道聞かれる北美さん「100万年早いわ…」を噛んでしまって言えなくなって「うーーーーーー(>ω<)」って唸る。かわいい。さりげなくパンツめくるエロじじいこうじい。

階段オチは樹。「俺こういうの初めてだから〜。靴は〜?脱いだ方がいいの〜?」とビビりまくり。意外と体張るの珍しい樹。

無事に見つかって、はい、ジャピナ〜!!

 

【26日昼】

室くんのかつら紫に戻ってる。叩く棒の音、マイク通して教えてくれる。

樹「僕はショックを受けました!たなかいつき!って呼ばれたんです!どう思いますか?!しつたつたくん!!!」室「お前もな!!!」

慎太郎のいつもの棒に、コンクリートブロックみたいなの付いてる。慎「クイズです!僕は何者でしょう?」室「幼稚園児でしょ?」慎「エンターテイナーです!」

ミュージカルスター京本さんネタギレ「クイズです!!!!!僕は何者でしょうか?」室「見る限り変態やけどね」京本「おつけもの〜」室「やばいって〜」

町一番の美女松村さん。紫の扇子持って「室さん♡」松村「セクシーでしょ?わたしは?」室「セクシー!」松村「わたしは?」客席「セクシー!」松村「わたしは?」客席「セクシー!」松村「結婚するなら?」客席「ゼクシィ!!!」慎太郎「みんなレポ見てるね」室→慎太郎バコン!!!!

当選番号2枚出す松村さん「さあクイズです!」謎に喜ぶ京本さん。突然クイズ番組形式になり、「めんどくせーな」とぼそりと呟く高地さん(マジトーン)アタックチャンス、ファイナルアンサー、スーパーヒトシくんと口々に言い合い、黒柳さんの真似する松村さん。似てなさすぎて「…一生やりません」

100万円の使い道は樹「今日で終わるの寂しいから流星に一週間いてもらう」流星「来週から公演が始まるから、ごめんなサイコキネシス〜」という、ショタ樹VS大西プロ

階段オチは松村さん。スカートまくしあげると、変な民族と言われウホウホする松村さん。ウホウホに反応するゴリラ慎ちゃん。階段上る。「流星、一番上まで行くからな」と宣言し、体育座り。階段オチて、変な民族になる松村さん。康二。そして、ゴリラの慎ちゃん。

無事に見つかってジャピナ!

 

  • jumpin' up

コント衣装のまま歌い出すSixTONESの5人。どこの新喜劇やねん、って感じだけど、歌は上手い。今まで何度かジャピナ歌ってるの見てきたけど、こんなに笑ったジャピナは初めてだわ。だんたん大きくなるジュリコールも楽しかった。花道行ったり、手降ってたり、松村さん真っ赤なパンテ●ー振り回してた日もあったね。ジャピナ終わりまでがコントって感じでした。

 

  • Bring it on / 関西Jr.

「聞いたことない曲だなー」と思ったら、新曲だったんですね!歌い慣れてる感あって、ダンスキレキレでかっこよかった。新曲の生み出すパワーいいっすよね。

 

  • シャレオツ〜この星のHIKARI〜Shake it up〜SIX SENSES〜HELL,NO〜愛のコマンド〜BE CRAZY / SixTONES

このメドレー考えた人、天才。最高。(何度目や)いや、でも、これ本当よかった。今回の公演のナンバーワンゾーン。過去を否定しない、未来ばかりを信じない、先輩達の曲を我が物顔で歌うSixTONESメドレーです。シャレオツは、スタイルの良さで売れる6人ですからそりゃあぴったりですよ。オリジナル曲以外で初めて見せた曲ってシャレオツだけだね。

からの、この星のHIKARI。歌い続けて約一年半。色んな見せ方を考えて趣向を凝らしてきたけど、今回はスタンドマイク!前奏のところはチャンカパーナ風の「マイクスタンドを女性に見立てた」振りでした。この星って、可愛くもなるし、かっこよくもなるし、切なくもなるし、変幻自在なまさにSixTONESみたいな曲だなと。あと、Cメロのジェシーの「イエイ!!!」は一緒に言ってるんだけど、あれ楽しいからファンはみんなやってみよ?

からの、Shake it upです。バカレア大好きな私にとってはSixTONESといえばやっぱりこの曲。過去を否定しない、こういうところ好き。初日はイントロ流れた時に初めて少クラで高木先輩含めて披露した時やフレジュコン思い出して、涙目になったわ。

SIX SENCES〜愛コマ、ヘルノーも「あー、あの会場で聞いたなー」って思いながら最強なSixTONES見てた。…とか、懐古厨がじっと双眼鏡覗いてる風のこと言ってるけど、冷静さのかけらもなくペンライト振り回して飛んでた。あの6人組、煽り上手。

BE CRAZYはブチアゲ。声出さないと命取られるやつ。一緒にやらないともったいないやつ。単独コンかよ、ってくらい煽ってくる。半分は関西担やで?知ってた?「ジャニーズ生まれ、コンサート育ち、悪い奴はだいたい友達」なSixTONES。間奏の「バン!バン!バン!」が会場全体すごく揃ってるのがこっちも嬉しかったし、本人たちも満足そうだった。横アリの床揺れるわ。祭で1万5千人と銃撃戦できるの心底楽しみ。

だからやっぱり、このメドレーが最強にSixTONESで、最高のSixTONESだった。

 

  • Jr.コーナー

10人それぞれとの思い出考えながら見てた。「あー一緒に縄跳びしたなー」「泣き顔可愛かったなー」とか。3曲ともかっこいい曲チョイスだった。

 

  • SAMURAI〜試練ゲーム〜勝つとハピラキ、負けるとダメ〜2nd movement / 関西Jr.

これぞ関西っていう関西パワー見せつけられた。かっこいい→おもろし→かわいい→かっこいいっていう、関西かっこいいサンドイッチ。

【18日昼】タライ落とし→失敗

【25日昼】タライ落とし→失敗

【25日夜】ロシアンたこ焼き→大西、康二、西畑連続成功で残る一つのたこ焼き。当然、室くんが食べる流れなんだけど「じゃんけんで決めてみる?」と周りが提案。で、男気じゃんけんで室くんが一人勝ちするも、大西「やったー!」と言ってしまい、室対大西じゃんけん。そして大西が勝ち、食べようとするけど、「ええよ、食べるわ」と室くん。マジでかっこいい。結局室くんが激辛食べてのたうち回ってハピラキ。

【26日昼】足つぼ長縄→失敗→室くんやってみる。一人で10回ちょいやって、康二「龍太くんが頑張ったから成功ってことでいいんちゃうん?みんなもそっちの曲の方が聴きたいみたいやん」→ハピラキ

室くんを好きになるタイムでした。

 

SixTONESが花道から出てきて、関西一人指名してそのまま二人でMCからの夜空歌う。

【18日昼】ジェシー 康二

【25日昼】京本 室

京本「俺ら以外と真面目なんですよ。打ち合わせとかちゃんとするし」室「うん、それはちゃんとしよ。」っていうの、SixTONESのイメージどうなの?て場面ね。わかるけど。

最後のほう京本くんがボケるというか暴走して、室くんが「ちょっとSixTONES〜出てきて〜」って叫んでたのは、なんか本当ありがとなって場面。

【26日夜】北斗 西畑

北斗くん出てきた瞬間から歌声聴けるの嬉しすぎて記憶曖昧なんだけど「PとJKね。プリンとジャケットね」「コントは何て役?俺は谷間汗北美っていうんだけど」「え?と、役?」「たおちゃん、めっちゃいい子。お釈迦様みたい」とか好き放題楽しそうに、なおかつ高度にボケる北斗くんと、北斗くんの様子を伺う西畑くん。SixTONESは西畑くんに「北斗がよく喋るのは楽しい証拠だから何言っても大丈夫」って事前に教えといてあげてよ、ビビってたじゃん!話しすぎて高地くんに「巻け」のサイン出されて、二階席にもサイン出されて、それでも話そうとする北斗くんとそれに付き合ってくれる優しい西畑くん。そして、北斗くんと西畑くんの夜空ノムコウ綺麗だった〜。

 【26日昼】慎太郎 康二

小さい頃から知ってるよな、みたいな話をする二人。「慎太郎はデビューしてるやん?スノープリンスでさ。地元のCD屋で、売ってるで」という過去の話をブッ込んでくる康二と、照れ笑いなのか苦笑いなのか笑いながら聞く慎太郎。

「では歌いましょう、スノープリンスちゃうで」って言われてたけどワンチャンスノプリ期待したよ。

 

SixTONESの新曲。最高で最強な新曲。「最高言いがち)SixTONESのために作られた曲。大好きだ!!!!

終わった後にこれだけは…と思ったつぶやき。メンバー紹介曲ほしいなーと思ってたので、メンカラやグループ名入ったこの曲は嬉しいです。メンバー作詞かな?それで「お前ら絶対裏切らないから」って歌詞書いたなら、そりゃあもうどこまでもついてくわ。

 

西の2人がかっこよく決め、東の2人が加わってさらにかっこよく決めるメドレー。ジャニーズ定番曲がここから続くけど、どのグループもかっこいい。このゾーンはまるでカウコン。

 

  • 硝子の少年 / 高地 大西 慎太郎

これは、最年少+最年少+癒し系のコラボ。最年少2人がキレッキレで踊るの超かっこよかった〜。

 

  • Real Face / 樹 北斗 室

北斗くんの舌打ちありがとうございますーーー!!!!!!去年のジャニワでせっかくSixTONESがこの曲歌ったのに舌打ちしてくれなくて悲しかったので、今回は本当にありがとうございますーーーー!!!!!!!!!!!公演によって、全力エロい舌打ちもあれば、悪巧みした舌打ちもあって、舌打ちだけで人はこんなに興奮できるのかと思いました。舌打ち以降の記憶ほぼない。いつかvoiceで配信してください、北斗くんの舌打ち。

 

舌打ちの余韻を残しながら、なのでうろ覚えだけど、舞台の前側だけで、暗めの照明で踊る2人かっこよかった。一緒に踊りたくなる曲。

 

  • 絆 / 全員

京本くんのソロから始まる絆。公演内で何度目か分からないけど「歌上手いなー」としみじみするタイム。途中からは客席にみんな出てきてお立ち台で歌うんだけど、高地くんはお立ち台までの道で「どうもどうも」って小声でぺこぺこ低姿勢で歩いてたのに対して、北斗くんは堂々とステージ見て脇目も振らず背筋ピンと伸ばして歩いてたのはいいほくゆご。通路違うんだけどね、真逆なほくゆご。

 

  • FIGHT ALL NIGHT / 全員

赤対青のバトル。はい、SUMMARY。大西くんと北斗くんが絡むんだけど、遠慮がちな大西くんに対してほっぺた指でついたり、肩押したり、悪ほく全開の北斗くん。北斗くんに冷たい目で見られるの、最高だなー。いいなー。その場所変わってくれーってずっと思ってた。

 

  • LOVE / 全員

ジェシーの挨拶→京ジェ→SixTONES→関西Jr.→全員って流れで歌っていくんだけど、それがもう最高なんですわ。元来少年たち2015@日生劇場を引きずってる節のある私なので、そりゃあ初日にジェシーの挨拶のBGMでLOVE流れた時点で「おぉおぉLOVEだ…」って胸が痛くなったのに、ジェシーが「それでは聞いてください。LOVE」って言って京本くんが歌い始めた時の私の心境、分かる?察して?ちょっぴり涙出たよ。少クラでもまいジャニでも披露なかったから、もう二度と聴けるのことはないんだろうと思ってたから、まさか演舞場で、しかもエンディングで聴けるなんて、な!!!

編曲されてたので少年たちより明るい曲になってた。京ジェから、どんどん人数増えていって、最後10人揃って円になって歌うところすごく力強くて好きだった。私に財力があれば、背中にフック付けてサークルフライングさせてあげられるのになーー!!!!!10人それぞれが「今日もやりきった!」って顔して、並んでて、毎公演全力で拍手しました。素敵な2時間をありがとう、と。

 

 

 

と、ここまでが本編で、最後にアンコールでSHOW×SHOW(仮)を歌って、オープニングのセットにみんなで戻ってしまっていく終わり方。

 

 

思い返して書いてても、笑って騒いで楽しいだらけでした。これから先、きっとこの舞台の経験はSixTONESにとって大きな自信になるし、糧になると思います。いつか「あの時の演舞場も楽しかったね。いまはもっと楽しいけどね。」とメンバーが話す時、私も頷きながらそれを会場で見るか誌面で読むかしていたいです。9日間お疲れ様でした。

ジャニーズ楽曲大賞2016

今年の私の投票した楽曲たちです。

 

 

2016楽曲大賞

 

 

1位 恋を知らない君へ NEWS
ドラマ「時をかける少女」の世界にぴったりで、夏の爽やかさと恋の切なさを、大人のNEWSが教えてくれた曲でした。NEWSの歌唱力があるからこそ歌えるこの曲。4人のハーモニーを聴くと、ドラマを観ながら胸がキュンとなったこの夏を思い出します。

 

2位 Re: Kis-My-Ft2
みんなで作詞しただけあって、「あ、ファンのこと、そんな風に思ってくれていたんだ」と改めて気づかせてくれた曲でした。Jr.時代のこと、デビューしてからのこと、これからのこと、色々思い出しました。デビュー5周年という節目に、キスマイから大切な手紙を受け取れて嬉しかったです。

 

3位 But 菊池風磨
rougeから3年半。いまの若手で「未練タラタラの失恋男ソング」を歌わせたら、風磨くんの右に出るものはいないと思う。諦められない恋にいつまでもしがみついている声と、ダンスが最高に色っぽいです。大人の色気を兼ね備えた今の風磨くんにぴったりの曲でした。

 

4位 薔薇と太陽 KinKi Kids
二人がそれぞれ歩んできた道を、こんな形で活かす方法があったのか!?と、テレビで初めて観たときは衝撃的でした。アイドルでありながら、歌で勝負してきた一人と、ショービジネスで戦ってきた一人がお互いの長所を存分に発揮できる曲だと思います。30過ぎて最前線で挑戦を続けることがかっこいいです。

 

5位 Flamingo Kis-My-Ft2
ありがとう、LEE先生。素敵な曲でした。コンサートの鳥かごに7人が入って歌う演出は、考えた人に金一封あげたいくらいかっこよく、美しかったです。

 

 

未音源化部門 IN THE STORM
今年も未音源化部門でしかSixTONESを投票できないことが悔しいですが、今年のSixTONESのオリジナル曲も文句なしで、私の中のナンバーワンです。歌、ラップ、ボイパ、アクロバット、色気、ダンス。今の6人の個性と特技をすべて詰め込んだ、彼らを表す一曲です。

 

 

現場部門 少年たち
2年目の少年たちは、SixTONESとSnowManとマリウスにしかできないストーリーでした。全員が歌が好きだという設定が加わり、歌で繋いでいく部分が増えたことも、戦場の場面が長くなったことも、今の彼らがするから伝わるものがありました。一年経って、最前列で誰とも被らない自担を観ることが当たり前でないことをまた再確認できる場でもあり、最前列に立つ自担は最高かっこよかったです。

 

 

MV部門 恋を知らない君へ NEWS
NEWSの切なさが、夏の儚さが、青春の脆さが、いまの私には胸に刺さりました。

 

 

ベストバイ部門 SMAP 25 YEARS
29歳の私にとって、物心ついた頃からいたSMAPは、人生を共に歩んだ同志です。どの曲にも思い出が詰まっていて、どの曲もそのときあったことや周りにいた人のことを思い出せる曲です。人生を彩る曲たちが一枚に集まったこのアルバムはベストバイです。

 

 

Jr.担で、SixTONES担で、松村北斗担なので

メインは未音源化部門なんだけど、今年は各Jr.グループにオリジナル曲が増えてて、まさに「Jr.戦国時代」を表した結果だったなと思いました。

来年は、本編でSixTONESに投票できますように!!!!

ジャニーズ楽曲大賞2015

※紛らわしいですか、去年の、です。

※去年、自分が投票したものです。

 

自分の過去ブロ見てたら、去年の投票結果残してなかったので、更新しておきます。自分の記録用。

今年(2016)版は、投票期日過ぎたら更新します。

 

 

楽曲大賞

1位
Kis-My-Ft2(北山、藤ヶ谷)
ずっとずっとグループを引っ張ってきた二人。お互いのことを意識しながら歩み寄るのではなくお互いを見て士気を高めて突っ走ってきた二人が、バラードという形で今の藤北を表現した素晴らしい一曲。

 

2位
愛を叫べ 嵐
嵐が結婚式でこの曲歌ってくれるって、新婦勝ち組すぎ。重たいラブソングじゃないのがまた良い!私の結婚式の余興で絶対友達に踊ってほしい!

 

3位
ホワイトラブストーリー ニュース
2015年、初めてNEWSのコンサートに行き、アルバムの中で一番気に入っていたので、聴けるのを楽しみにしていた曲。これをコンサートのアンコールで歌うって、NEWSの演出力の高さを感じました。4人が寄り添って歌う姿は幸せいっぱいでした。

 

4位
20 菊池風磨
20歳になって初めて書いた曲が親への感謝ソングという、菊池風磨の外見と中身とのギャップがあふれ出た曲。不器用な息子からの感謝の気持ち。20歳おめでとうございます。

 

5位
愛言葉 NEWS
こんな曲を歌ってくれるなんて、NEWSのファンは幸せ者だな、と端から見て羨ましくなる曲。

 

MV
LGTE SexyZone
ようやく音源化されて、ようやく映像化されて、たくさんJr.を使ってくれたことに感謝。

 

未音源
この星のHIKARI SixTONES
今まで黒っぽい衣装でオラオラした曲ばかりを見てきたから、白いタキシードを着てミラーボールの下でニコニコして踊る6人を見ると、初めて彼らに出会ったような新鮮な気持ちになった。星のように輝いているSixTONESに、また恋をした曲。

 

現場
少年たち(日生)
ジャニーズの伝統ある舞台をSnowManとSixTONESならではの形で表現した今年の少年たち。歌の大好きな新入りやジェシーの出兵などは彼らだからできたストーリー。先輩のバックではなく、日生劇場の舞台最前列に立った12人は誰もが主役のような輝きを放っていました。

 

コンビ
きょもほく
昔はけん怠期があったり、トンガってた時期があったりした二人が、2015年はたくさん二人でステージで笑い合う姿を見せてくれました。グループを結成し、新たなきょもほくの魅力がこれから溢れてくることに期待しています。

 

自担
松村北斗くん

SixTONESのC&R

ジャニーズJr.のグループ「SixTONES」のオリジナル曲のC&Rをまとめて書いておきます。SixTONESと一緒に盛り上がろう!

(2016年11月現在のものです)

 (2017年3月追記しました)

 

1.この星のHIKARI

  • イントロ

チャッチャチャッチャー チャッチャーチャッチャーって始まった後の

「Wow Wow Wow Yeah Yeah Yeah」

を京本ジェシーと一緒に歌う

 

  • 間奏

ここも

「Wow Wow Wow Yeah Yeah Yeah」
を京本ジェシーと一緒に歌う。

 

  • Cメロ

ジェシーが「すごいスピードで駆けていく どうしてだろう?」って歌うので、

その後、全力で

ピースしながら\Yeah!!✌️/

 

  • アウトロ

もうお得意になった

「Wow Wow Wow Yeah Yeah Yeah」

で、締めくくり。

 

 

 

2.BE CRAZY 

  • イントロ

メンバーがヘドバンするから、こちらもヘドバンで返そう。

ヘドバン姿見たい人は、顔上げた瞬間に見たらいいと思うけど、

一緒にヘドバンをした方が確実に楽しい。と、思う。

 

  • Bメロ

京本くんが「鼓動高なる 熱い魂〜」のところで、手の甲で手拍子するので、

一緒に手拍子しちゃおう!

 

  • サビ

「We just movin' on 」\フォイッ!フォイッ!!/

「We  just movin'on 」\フォイッ!フォイッ!!/

「We just keep goin' 」\フォイッ!フォイッ!!/

の繰り返し。

\フォイッ!/か\オイッ!/か、そのへんよく知らんけど、メンバーがオラオラ煽ってくるから声出しとこ!

ペンライト前後に振りながら声出せばオッケー!

 

  • 間奏

またの名を「銃撃戦」

サビ終わって、ダンス終わって、ジェシーが「Come on!」って手を叩いたらスタートです。

右手を顎、左手を右ひじに当てて肩を右、左、右、左、右と5カウント揺らします。

その後、顎に当ててた右手を左に伸ばして撃ちます。\バーンッ/

次に真ん中に撃ちます。\バーンッ/

最後に右に向かって撃ちます。\バーンッ/

繰り返します。

右、左、右、左、右、\バーンッ/\バーンッ/\バーンッ/

 

  • 落ちサビ

「We just movin' on 」\フォイッ!フォイッ!!/
「We just movin'on 」\フォイッ!フォイッ!!/
「We just keep goin' 」\フォイッ!フォイッ!!/

サビはコレです。最後まで拳上げて盛り上がりましょう。\フォイッ!フォイッ!/

 

 

 

3.SixTONESスペシャルダンスナンバー

(もともとあったダンスナンバーに、本人たちが歌詞作って歌った曲なので、オリジナルとは言い難いんだけど、一応。)

 

  • イントロ

ペンライトを持っている右手の親指を立てて、グッド👍のポーズを横に倒してスタンバイです。

イントロ始まったら、そのグッドポーズ(おそらく6を意味してるので、以後6ポーズとします。)をメンバーと一緒に肩の高さまであげましょう。

その後、メンバーが膝立ちになって6ポーズしながら手を∞の字に回すので、左から一緒に回します。

 

  • ジュリラップ

ラップに合わせて、ペンライト高く上げましょう。

ジュリを応援しましょう。

だいたい、「せいぜい頑張れ ナンバーツー!」のところだけ歌ってます。

 

  • 京ジェの歌の後

6ポーズを前に押し出します。メンバーの真似しましょう。

右手、左手、右手、右手。

左手、右手、左手、左手。

右手、左手、右手、右手。

休、右手を左で振る\Drop/、真ん中で振る\beat the/、右で振る\SixTONES!/

これを繰り返します。

早口なので\ドロ!/\ビザ!/\ストンズ!/くらいのつもりで言いましょう。

前の人の背中を刺さないようにだけ、これだけは気をつけましょう。この曲は場所取ります。

 

  • アウトロ

メンバーが背中を向けて後ろに歩き始めたら6ポーズで待ちましょう。

最後、ジェシーが「SixTONES!!」って言う時、メンバー6人が6ポーズを高く掲げますので、

一緒に高く掲げましょう。(ワン○ースの、アラ○スタの、最後の仲間のポーズのように)

 

4.IN THE STORM

(今のところ、舞台と少クラでの披露でC&Rがまだ不明なので、(私が)分かったら追記します)

 

5.Amazing!!!!!!

(どこがAメロでBメロでサビなのかがイマイチ分からない曲なので前半後半で書きます)

  • 前半

「We are SixTONES」って何回か歌うので

一緒になって\We are SixTONES/ってペンライト振りましょう。

なんなら一緒に歌いましよう。

 

  • 中盤

「1.2.3.4.5.6.SixTONES」って歌うだけのところと、メンバーが振りをするところがあるので、
メンバーが手のひら広げてポーズ取ったら準備しましょう。

右の手のひらは前に、左の手のひらは自分の方に向け、親指だけを合わせて指を開いて待ちます。

「1.2.3.4.5.」の時に、小指から順番に指を折っていきます。小指、薬指、中指、人差し指まで折り曲げます。

「6.」の時に、親指を付けたまま、上下の手を入れ替えます。

最後「SixTONES」の時に、下にある右手👍をぐるっと丸を描くように親指立てたまま回します。

 

  • 後半

手を叩きながら「響いてるんだろ〜」って歌うので、そこは手拍子で応戦しましょう。

Crap your hands!!!!!!

 

  • 終わり頃

もう一回「1.2.3.4.5.6.SixTONES」のところがあるので、小指から折って、丸を描きましょう。

 

 

 

 

 

〜あとがきっぽいこと〜

 

2016年の夏も、EXシアターは暑かった。そして、熱かった。

サマーステーションは今年も夢と感動を与えてくれた。夏の思い出ができた。

 

SixTONESにとっては、名前をもらって初めてのEXシアターだった。

2014年2月から2015年3月まで行われてたガムシャラJ's Partyで久しぶりに6人が集結したり、ジェシー抜きの5人だけで3公演のコンサートしたり、夏にはチーム我と羅に分かれてバトルしたり、思い出は沢山あるEXシアターだけど、SixTONESとして、ステージに立って歌うのは初めてだった。

 

一言で言うと、最高だった。

SixTONESはEXを使いこなしてた。むしろEXじゃ狭いくらいだった。

「あー、このグループのコンサートをこれから先もずっと観たいな」と思った。何度も思った。現在進行形で、思っている。

クリエも、EXも狭い。彼らには、横アリ、城ホ、そして、東京ドーム。

どんどん大きな会場でやってほしいし、地方にも行ってほしい。いろんな会場で、歌って踊るSixTONESを観るのがとにかく楽しみだと思った。広い会場のどこから観てもきっと、この6人なら楽しいコンサートを作ってくれる、と思った。

 

んでさ、

コンサートの魅力って、C&Rすることじゃん。担当じゃないグループのコンサート行って、「えー!この曲、こんなに楽しいC&Rがあったの?!?!」って知ることない?

わたし、よくある。しょっちゅうある。

その場で真似して、やってみるんだけど、すごい楽しいよね。そういうこと、しょっちゅうある。もっと早く知りたかったよーって。よくある。

 

だけどさ、

Jr.の曲なんて少クラでしか観られないし、コンサートなんて一回あったからって次にいつあるか分かんないし、一年後にあればラッキー★くらいの感じだし。だからこそ、一回のコンサートに全力で臨みたいじゃないですか。

 

ってことで、次のコンサートの時に思い出してから行くために、自分と友人のために書きました。

覚えて行きましょう、じゃないです。

もしよければ、SixTONESコンサート観た人が「あの曲、ファンはなに踊ってたの?」って思った時に、このブログにぶつかればいいな、ってくらいの期待はあります。だって、SixTONESとのC&R楽しいから。

 

 

 

 

 

曲が増える度に追記します。

いつか「これが、デビュー曲のC&Rです!」って言えますように!!

 

ひもーーーーーーんず

半年以上前にキスマイがヒモマイだったら〜とブログを書いてらっしゃる方がいて。
その時に「んあああああ!!!我らがSixTONESもヒモーンズになってほしすぎるぅーーーー」ってなってノリと勢いで書いたメモがあって。
メモアプリ整理してたらたまたま見つけたので、はてブロに残しておこうと思います。異論は認めます。


〜京本くん編〜
きょうもとくんは、いつの間にか一緒にいて、いつの間にか家によく来て、いつの間にかわたしの家に荷物増えてて。あれ?いつの間にか同棲してる?私たち?っていうヒモ。
持ち物は高級品が多く、食べ方も綺麗で育ちの良さを感じるんだけど、自分のことはなかなか話してくれないミステリアスヒモ

ヒモきょもは、最初は『ちょっとお金貸してくれない?』って言ってたんだけど、最近は『ん。』って指二本出してきて「え、何?」って聞いたら『ん!』って財布指差して諭吉2枚求めてくる感じ。そのお金で何してるのかは知らないけど、真夜中に帰ってきた時に、たまにチョコとかくれる。


〜北斗くん編〜
ほくとくんとは、洗濯も料理も掃除も家事は全部当番制。家賃、光熱費、食費は全部こっち持ちなのに、当番をサボると怒られる。
買い出しに行って、私がちょっと高いチョコ買おうとすると、「もったいない」と棚に返されるのに、自分はちょっと良いお肉買いものかごに入れる。お金出すのは私なのに。

ほくとくんのことを私の友達に話すと「それ、ヒモじゃん…」って言われて、私は初めてほくとくんをヒモ男だと気づくんだけど、家に帰ってほくとくんに話すと「え?俺がヒモ?どうして?人聞き悪いなー」って言われて、『うん、そうだよねー。困るよねー』って思っちゃう私。ヒモの自覚ないヒモほく。


〜高地くん編〜
こうちくんは、自分のことや将来のこと、実はちゃんと考えてるから、仕事ちゃんと探してヒモ生活をどうにか終わらせようとしてる。真面目なヒモ。わたしの女の子の友達の紹介で出会って、仕事探すのに便利だからってわが家に転がり込んできてる、プチひも。

私としては、こうちくんとのプチヒモ生活に何の不満もないし、むしろ快適だから(このままのヒモゆごでいいのにー)って思ってるんだけど、こうちくんがお仕事探しながら「おれ、ちゃんとするから!」っていつも言うから、『うん、頑張ってね』って温かく見守ることにしてる。


ジェシー編〜
じぇしーの場合は、色んなところに女がいるのが分かってるから私のところに来た時には全力で貢ぎたい。尽くしたい。と思わせる色男。
定期的に来るわけではなく、突然「家行くから」って連絡きて、『え?』って言うと「いやなの?いやならいいや」って言うから、仕事でも友達と会ってても、何をしていても一目散に家に戻ってお迎えの準備してしまうわたし。

何日いるかも、何で今日は自分の所に来たのかも分からないけど、次にまたいつ会えるかなんて分からないから、お風呂沸かして布団の用意して、翌日の朝食の支度して、ジェシーが帰ってくるのを待つ。「ただいま!」って言って笑顔で帰ってくるヒモジェシに『おかえり』って言えるのが幸せ♡ヒモじぇしは沼。


〜慎太郎編〜
しんちゃんは、マンションの下で転がってた所を声かけて家に連れて帰ったら懐いてしまったワンコ系。お風呂貸して、一食食べさせてあげるだけだったつもりなのに、あれ以来住み着いてしまって「おかえり!」って言ってくれる。めっちゃよく食べるから、食費が大変だけど、何でも美味しそうだから食費なんて許しちゃう。
掃除も洗濯の仕方も知らなくて、教えてあげたら、目を輝かせて「すごいねー!」って言ってる。たまに手伝ってくれる。いつもしてくれるわけではない。しんちゃんが家事したら『どう?褒めて!』ってドヤ顔して見てくるから、とりあえず褒めてあげる。
「免許ほしい」(もちろん自動車学校代はわたし持ち)が最近の口癖のヒモしん。

〜樹編〜
ジュリは、典型的なヒモ。バーでジュリからナンパしてきて、一緒に飲んで意気投合して、で、お金払う時に「あ!財布忘れた!」って言って私がお金を払うことになり「次のとき返すから連絡先教えて!」とか言って連絡先を交換しちゃったりして。もちろん次回も私が払うんだけど。
ひもジュリは、すぐ家に住み着く。交友関係広くて、やたらイケメンのヤンキーみたいな友達がいっぱいいて、たまに家に連れてくる。私の家なんだけどなーと思いながら、友達の少ない私としては楽しくもあり、ちょっぴり羨ましくもあり。友達の前でのジュリを見るのが好きだったり。
そして、「こいつ、〇〇ちゃんのこと、めっちゃ褒めてますよー」って、やたらイケメンのヤンキー友達が言うから、こっちもいい気分になる。
「きょうもとくん」とかいう友達がいるみたいで、その子にはついつい貢いじゃうらしい。私のお金なのに。私にはチロルチョコしかくれないのに、きょうもとくんにはゴディバ買っちゃうらしい。


さて、どのヒモーンズがいいですか?

ジャニーズJr.に興味のない大人のオンナにこそ勧めたい!SixTONES

7月28日発売の女性自身にジャニーズJr.内のグループ「SixTONES」が載った。その時のタイトルが、「ジャニーズJr.に興味のない大人のオンナにこそ勧めたい!」
このフレーズ、なんとも秀逸すぎる。

そう!まさにそう!!いまJr.にハマるならここ!!この6人にハマるならいま!!逃すな、この旬を!!!みたいな。
このグループならあなたの需要、満たせます!!いける!!大丈夫!!さあ、ちょっとこの沼覗いて見ようぜ!!
てことで、SixTONESがどの辺のジャニヲタの需要充たせるか、私の独断と偏見でまとめておきます。


とりあえずSixTONESの簡単なプロフィールはwikiさん参照してください。
SixTONES - Wikipedia
あと、結成のきっかけになった出演作「私立バカレア高校も。


ギラギラオラオラしたグループを探してる方へ

「デビューしたら」「ちょっと売れてきたら」「CD出すたびに」ギラギラが減ってきて物足りたいっていうことよくある。よく聞く。
SixTONESなら、これ、いける!得意分野!ギラギラしてます!大絶賛、オラオラしてます!
そして、そのオラオラも、表面的なオラオラじゃなくて、カッコよさを追求したオラオラなのでカッコいいんだ。引き込まれます。
「俺たち以外見てんじゃねぇよ」っていうギラついた目にゾクゾクさせられること間違いなし!
オススメは少年倶楽部の1月の「HELL NO」と6月の「愛のコマンド」です。2012年にもこの6人でHELL NO歌ってますが、その頃のオラつきとは比べものにならないくらい引き込まれます。ぜひ比較して観て、今の彼らのオラつきに胸を躍らせてほしい。若いギラギラを暫く楽しめること間違いなし!


「⚫︎個イチ」な仲の良さを探してる方へ

「とにかく仲が良いところが好き」というメンバーの仲の良さを求めてる方もよく見る。分かる。メンバーの仲良しエピソードは萌え。
そして、SixTONESのメンバーも仲が良い。2012年にドラマがキッカケで集まり、その頃は雑誌でも括って載ることも多かったけど、彼らそれからほぼ毎年バーベキューの計画を雑誌でしてる。とにかくよく遊んでるらしい。帰りにご飯とかも言ってるらしい。大事なときはうなぎらしい。
だけど、それだけじゃなくて、お互いに言い合える関係であることも魅力。今年の5月のコンサート(クリエC)では、曲決め段階でジェシー高地優吾に「歌え」と言ったらしいし(その結果、ニノの虹を歌い、素晴らしかった)、公演の後にはみんなで反省会もしているとか。仲良し!
あと、雑誌に掲載されると各誌の公式ツイッターさんが裏話を呟いてくれるけど、そういうとき、たいてい「賑やか」とか「なかなか進まない」とか「⚪︎⚪︎が撮影してる横で邪魔しにくる⚫︎⚫︎」とかいうSixTONESのイチャつきが流れてくる。最近だとこのへん。


ね♡SixTONES=6こイチだよ♡

歌がうまいグループを探してる方へ

歌声は大切。やっぱりコンサートでトキメキたいもんね。
歌はとりあえず、京本ジェシーが引っ張ってます。少年倶楽部の3月のメドレーとか、かなりいい感じに仕上がってる。そして、この二人で既に作詞作曲してる曲もある。ガムシャラJ's party vol.8で初披露した「僕らの朝」です。CSだけど放送済みなので是非探していただきたい。
ラップは主に田中樹が担当している。兄の影響と、それ以上に積み重ねてきた本人の努力の賜物です。ラップに対する田中樹の自信はかっこいい。
囁きはだいたい松村北斗のセクシーボイスです。
あと、森本慎太郎は昔からマイク持って歌ってるだけあって上手いけど、グループ組んでからなかなか前で歌う機会もないのも事実。高地くんも上記の子たちに比べて歌割り少なめではある。けど、この2人のソロ、すごくよかった(クリエC)からぜひまた歌ってほしい。


踊りがうまいグループを探してる方へ

ジャニーズはね!ダンス大事だからね。
踊りが揃うようになったの!SixTONESたち!!これ、本当に!!(泣)
3年前は個人の思いが強くてね、自分が自分がっていうのが強くてね。
でも、今SixTONESのダンスを見てほしい!かっこいいから!!腰を振るのがセクシーだと思ってません?いやいや、腰を振りゃあいいってもんじゃない、セクシーさってそういうことじゃないんす。(SixTONESもよく腰振ってるけど…)溢れ出すセクシーなダンスを是非ご堪能下さい。愛のコマンドがオススメ。


演技派のグループを探してる方へ

演技できるアイドルいいですよね。私もこのJr.の沼にはバカレアで落ちたクチなので、演技ができるってかなり価値判断の基準になってます。
SixTONESの演技は、とにかく私立バカレア高校を見てほしい。初めて演技をした人がほとんど。それこそ、体当たりの演技。でも、それが胸にくるんで。
そして、メイキングでわちゃわちゃしてる6人と、クランクアップで泣いちゃう6人のギャップにもやられてください。

私立バカレア高校 Blu-ray BOX豪華版 <初回限定生産>

私立バカレア高校 Blu-ray BOX豪華版 <初回限定生産>

それ以外にも、それぞれ個人でドラマ出てるので是非チェックして演技派SixTONESにハマってほしい。


面白いグループを探してる方へ

お笑いセンスね。いいよね、皆でコントしたりね。バラエティー出たりね。うん、SixTONES、いけるよ。
まず、ガムシャラ!ガムシャラ!|テレビ朝日見よう。今はサマーステーション期間でバラエティー要素少なめだけど、通常回の時は6人のバラエティーセンス、キラキラしてるから。「イケメン反抗期」というキャッチフレーズまで付けられた松村北斗くんは、毒舌キャラでぶいぶい言わせてます。
高地優吾くんは日テレのスクール革命のレギュラーだし、田中樹くんとジェシーくんはNHKRの法則のレギュラーだし、森本慎太郎くんは終わってしまったけどモウソリストのレギュラーでした。
コンサートMCは、だいたい田中樹くんが仕切るかな。(ガムシャラvol.7とクリエのゲームコーナー)5月のクリエコンサートではゲームコーナーとお笑いコーナーで楽しくなりすぎて、時間長引きすぎて、公演時間が大幅にオーバーしたオーラス。森マッチョ兄さんっていう森本慎太郎くんが体操のお兄さんに扮して、次に歌う曲の振り付けを会場に教えてくれるんだけど、それぞれボケるボケる。
8月12日の少年倶楽部のミニコーナーに出てきた6人もフリーで散々好きに踊ったのに、さらにしゃべらせてほしそうな顔してて。どんだけ貪欲なの!?状態のSixTONES。
SixTONESのMCは笑いに溢れる。早く多くの人の目に触れてほしい。よし、横アリでやろう。


グループの運命性を探してる方へ

グループの歴史とか、紆余曲折を知ると応援したくなる気持ち増すこと、よくある。苦労したからこそ輝くって、ある。だから推すって、ある。可愛い子には旅をさせよ。SixTONES結成までの涙無しでは語れないヒストリー。泣
簡単に言うと、2012年4月までは、6人はそれぞれグループがあったり、くくりがあったり、バラバラに活動してた。色々なこと経験したんです。(ここを掘り下げると膨大になるので、wiki見てください)
そして、SixTONESは「バカレア組」としてドラマに出演したことをきっかけに、少年倶楽部や雑誌でまとめて集めてもらいグループのような扱いをしてもらうのです。
2012年6月にドラマ放送は最終回を迎えましたが、9月には6人のコンサート、10月には主演映画公開、12月にはJr.コンサートの中心メンバーとして活動し、グループ名はないものの6人まとまって活動がほとんどでした。
しかし、2013年年明け頃から少しずつ雑誌で6人揃うことがなくなり、少年倶楽部でも立ち位置が離れていくことに。3月に発表されたその年の5.6月のジャニーズ銀座公演では、当初は6人で公演することになっていたのにも関わらず、振り込み締切前になって「松村、ジェシー」「noon boyz、高地、京本、田中、森本」で公演をするという情報局からのメールが届く。ここで実質的に「バカレア組」は解体するのです……(2013.04.03のできごと)
そこからは、「ほくじぇ」と「4人」に分かれての活動になるのですが、両方が切磋琢磨して!というよりは、もう、個々にJr.の一人として活動を続けていました。ドラマに出たり、バラエティーのレギュラー番号に出たり、少年倶楽部に出たとしても、それは「バカレア組」としてではなく、同世代で集められた中に6人いたり5人いたり4人だったり…という日々でした。夏が過ぎ、秋が過ぎ、冬が過ぎ。2014年のジャニーズ銀座公演は、ジェシーと5人がバラバラの公演に出ることになりました。
その年の5月のガムシャラJ's Partyで久しぶりに6人が揃いましたが、その後、夏も秋も揃う場はありませんでした。そんな中、12月のガムシャラJ's Partyで久しぶりにまた6人が揃う日がきました。ですが別仕事の都合で高地くんは2日中1日だけ。
そして、年が明けると少年倶楽部で6人で歌わせてもらえるようになり、1月のガムシャラJ's Partyではジェシーなしの5人で公演をすることになります。その時の舞台裏で田中樹は円陣を組みながら「ジェシーいないけどさ。頑張ろうよ、5人で。」と言葉をかけます。6人の絆、ファン達が思ってただけじゃないんだ、メンバーも自分達は6人なんだって思ってたんだ、と思えた瞬間でした。年明けからの少年倶楽部では毎月1曲は6人揃って歌わせてもらえるようになりました。
そして、今年のジャニーズ銀座は、京本大我抜きの5人での公演。京本くんは舞台稽古があるので出られないですが、事前の雑誌の対談などで「6人で考えてるんだ!」という話も出ていて、バカレア組で考えたコンサートになることを窺い知ることができました。
そして、コンサート2日目の公演中に、舞台稽古のなか京本大我も駆けつけ、ジェシーの口から6人にSixTONESという名前がついたことが発表されました。
名前がつくまで、3年。ざっくりとしていて、わたしの主観も大いに入っていますが、バカレア組からSixTONESまでの流れはこんな感じです。


2012年10月のPOTATOで6人が対談したとき、
(グループ名もないのにコンサートするなんてすごいよね、自分たちで付けちゃう?という話から)
田中「いやいや、今はそれ(グループ名)をもらえるために頑張ってる段階だから」
高地「今回が成功したら、付けてもらえるかもよ?」
京本「ご褒美にね」
という話をしていました。こうして、3年越しのご褒美をようやくもらえた6人なんです。
でも、彼らはここがスタート、って口を揃えて言います。グループ名もらえた今が始まり。
森本慎太郎くんは女性自身で「ずっと待っててくれたファンの人たちが作ってくれたグループ」って話しています。
SixTONESヒストリー、どう?もっと知りたくなるでしょ?これから見届けたいでしょ?



どこかに当てはまる「ジャニーズJr.に興味のない大人のオンナ」の方、ぜひ一緒にSixTONESの応援しましょう!SixTONESイエーイ!

バカレア組のメンバーカラー

ジャニヲタ

アイドルにはそれぞれメンバーカラーがあり、その色が個人の性格やグループでの立ち位置を示している。
アイドルがメンバーカラーを背負った瞬間から、メンバーカラーがアイドルを作り出す。
赤を背負った者は熱いリーダーを、青を背負った者は冷静さを、黄色を背負った者は明るさを…
そして、その色がアイドルとファンを繋ぎ、メンバーカラーを付けてるだけで「あの人のファンだ」と分かる。
 
 
 
ジャニーズJr.内の非公式グループ、通称「バカレア組」という6人グループがある。
「バカレア組」が少年倶楽部やコンサート歌うときに着た衣装の中にはメンバーカラーを意識して1色ずつ違う衣装を着たものがある。また、雑誌でそれぞれのコメントの名前を色付けしたものもある。
 
アイドルにとって大切なメンバーカラー。
バカレア組6人が揃って、着た衣装に限ってメンバーカラーの変遷をまとめる。
 
 
 
2012年12月 フレッシュJr.コンサート@横アリ
f:id:aner_hk10:20150211094845j:plain
森本慎太郎…オレンジ
松村北斗…ピンク
田中樹…緑
京本大我…黄色
初めてのカラー衣装。Jr.だけのコンサートで披露。
 
 
2013年3月 ジャニーズワールドの感謝祭@東京ドーム
f:id:aner_hk10:20150211095209j:plain
田中樹…オレンジ
高地優吾…黄色
北斗とジェシーが赤の衣装でお揃いシンメ。他の4人が各1色ずつを着てる。
この後行われてるクリエ公演でも4人はこの色を着用
 
※イレギュラーだけど参考までに
2014年5月ガムシャラ祭
f:id:aner_hk10:20150211133610j:plain
田中樹…紫
京本大我…オレンジ
高地優吾…黄緑
(野澤…水色)
(諸星…黄)
(森田…ピンク)
9人での公演での6人の衣装の色もまとめて入れておく。

 

 

2014年12月ガムシャラ祭&2015年1月少年倶楽部(12月収録)

f:id:aner_hk10:20150211191141j:plain
松村北斗…ピンク
田中樹…青
京本大我…オレンジ
高地優吾…黄色
久しぶりに、少年倶楽部で、6人が揃った。2年前とほぼ同じ。
 
 

2015年3月少年倶楽部(2月収録)

f:id:aner_hk10:20150312231719j:plain
松村北斗…ピンク
田中樹…紫
京本大我…オレンジ
高地優吾…黄色
キスマイの北斗七星ジャージをお下がり。
 
 
とりあえず今はここまで。雑誌は断念しました。
移り変わりはあるけれど、早く落ち着いてほしいというのが本音だったりする。
(ここまで2015.2.11 投稿)
 
 
 
 
さて、このグループにも新たにグループ名がつきました。
その名も「SixSTONES(ストーンズ)」です。
そして、7月22日発売のMyojoで本人達からメンバーカラーについてのお話がありましたので、追記しておきます。

2015年5月少年倶楽部(4月収録)f:id:aner_hk10:20150811170147j:image
田中樹…青
京本大我…水色
キスマイの3D Girlの衣装を中心に色んな先輩から組み合わせてお下がり。



そして、本人たちが雑誌で語ったのが以下の通り。
田中樹…青
京本大我…ピンク
高地優吾…黄色
f:id:aner_hk10:20150811170341j:image
ようやく落ち着いたバカレア改めSixTONESのメンバーカラー。
これから色々な所でこの6色が使われるのが楽しみ!