読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2015

※紛らわしいですか、去年の、です。

※去年、自分が投票したものです。

 

自分の過去ブロ見てたら、去年の投票結果残してなかったので、更新しておきます。自分の記録用。

今年(2016)版は、投票期日過ぎたら更新します。

 

 

楽曲大賞

1位
Kis-My-Ft2(北山、藤ヶ谷)
ずっとずっとグループを引っ張ってきた二人。お互いのことを意識しながら歩み寄るのではなくお互いを見て士気を高めて突っ走ってきた二人が、バラードという形で今の藤北を表現した素晴らしい一曲。

 

2位
愛を叫べ 嵐
嵐が結婚式でこの曲歌ってくれるって、新婦勝ち組すぎ。重たいラブソングじゃないのがまた良い!私の結婚式の余興で絶対友達に踊ってほしい!

 

3位
ホワイトラブストーリー ニュース
2015年、初めてNEWSのコンサートに行き、アルバムの中で一番気に入っていたので、聴けるのを楽しみにしていた曲。これをコンサートのアンコールで歌うって、NEWSの演出力の高さを感じました。4人が寄り添って歌う姿は幸せいっぱいでした。

 

4位
20 菊池風磨
20歳になって初めて書いた曲が親への感謝ソングという、菊池風磨の外見と中身とのギャップがあふれ出た曲。不器用な息子からの感謝の気持ち。20歳おめでとうございます。

 

5位
愛言葉 NEWS
こんな曲を歌ってくれるなんて、NEWSのファンは幸せ者だな、と端から見て羨ましくなる曲。

 

MV
LGTE SexyZone
ようやく音源化されて、ようやく映像化されて、たくさんJr.を使ってくれたことに感謝。

 

未音源
この星のHIKARI SixTONES
今まで黒っぽい衣装でオラオラした曲ばかりを見てきたから、白いタキシードを着てミラーボールの下でニコニコして踊る6人を見ると、初めて彼らに出会ったような新鮮な気持ちになった。星のように輝いているSixTONESに、また恋をした曲。

 

現場
少年たち(日生)
ジャニーズの伝統ある舞台をSnowManとSixTONESならではの形で表現した今年の少年たち。歌の大好きな新入りやジェシーの出兵などは彼らだからできたストーリー。先輩のバックではなく、日生劇場の舞台最前列に立った12人は誰もが主役のような輝きを放っていました。

 

コンビ
きょもほく
昔はけん怠期があったり、トンガってた時期があったりした二人が、2015年はたくさん二人でステージで笑い合う姿を見せてくれました。グループを結成し、新たなきょもほくの魅力がこれから溢れてくることに期待しています。

 

自担
松村北斗くん