(仮)SixTONES 1st Arena Concert 〜Welcome to the Jungle〜

※タイトルの(仮)は、正式なコンサートタイトルがないコンサートなので、勝手に付けましたよ、という意味での(仮)です。

 

 

2018年3月26日18時開演のSixTONESの単独コンサートに行ってきました。

楽しかった気持ちを忘れたくなくて、自己満な備忘録を書きます。

 

 

 

この日の天気はくもり。雨が多いSixTONESにしては珍しいな、とそんなことを思って横アリに行った。

コンサートのことを考えると、「早く始まってほしい」と「終わってほしくない」の無限ループに陥り、お腹が痛くなるので考えるのをやめていた。

入場前に、友達に会った。みんないつもより、テンション高めだった(気がする)。

SixTONESを好きな人だけが集まる会場は、去年の夏のEXシアターで体験したけど、その10倍以上の人が横アリに集まってて、なんか不思議な気持ちになった。

入場して、席について、うちわを出して、ペンライトを確認して。いつものコンサート前だけど、いつも以上に緊張した。開演前のSixTONESコールは自分の緊張を隠すために、必死に声を出してた。

 

 

18時、ついに始まったSixTONES単独コンサートin 横浜アリーナ。初めての、6人だけの、一回限りの、横浜アリーナのコンサート。

 

  • Jungle

1万7千人の「SixTONES」コールの中、流れた南国?の映像。南国?得体の知れない、生き物?え?なにこれ?

流れてきたイントロは聞いたことない。オリジナル曲で始まると思ってたのに、知らない曲。まさかのカバー曲始まり?え?誰の??キャーキャー言いながら、パニックだった。

と頭の上に「?」ばかり浮かぶ中出てきた6人。檻の中に入って、火柱ボーボーの中にいる6人。この人たちは知ってる、SixTONES。でも、着てる物は知らない。

1万7千人の単独コンサートの一曲目に新曲、新衣装ぶつけてきたSixTONES

後から、この曲が「Jungle」って曲で、自分達の中でも、一曲目にするのは賭けだったって言ってたけど、完全にSixTONESの勝ちだった。

頭がパニックの中で、一曲目が終わった。

 

  • IN THE STORM

この曲は知ってた。よかった、インザストームだ。

ようやく冷静さを取り戻して客席をふと見たら、ペンライトが揃って揺れてた。今まで見たことない景色だった。

1万7千人、彼らを好きな人だけが集まると、こんなに綺麗なんだな、って知った。

 

  • BE CRAZY

これ、初めてのオリジナル曲。横アリのセンステで6人でヘドバンしてた。

ステージ回らないから自分たちで回るんだけど、少年たちの時は舞台だから当然正面からしかヘドバン見られない。しかし、今回は会場がアリーナだから、360°どこからでも見えるように、自分たちが回ってた。そんな発想ある?!

途中で腕を銃みたいにして撃つ振り付け(銃撃戦)があるんだけど、みんなでバンバンバン!って言うの、楽しかったな…

 

  • らいおんハート

突然のバラード。リフターで上がっていく6人。いや、これ、コンサート終盤のしんみり演出ですやん… まだまだ始まったばかりのはずですけど…

と、思いながら握りしめるペンライトとうちわ。「SixTONESのバラードは、学校ではオラついてるヤンキー高校生が帰り道に子猫に餌あげてるのを見ちゃった時のあの気持ちになる」と常々言ってきたけど、まさに、それ。

ここまでの3曲でオラオラしてたのに「君を守るため、その為に生まれてきたんだ」なんて歌われたら、落ち着いて聞けって言う方が無理。

コンサート終盤の気分味わったので、「今日はこれで帰れ、って言われても帰れるな」って心の中でこっそり思ってた。帰らないけど。でも、それくらい見応えあった、ここまでの4曲。

 

  • Jungle

メインステージに戻って、最初の曲に戻る。

ほら、最初と最後を同じ曲にするって、コンサートのセオリーじゃん?もうこれで終わるじゃん?って気持ちもありつつ、

2回も新曲聴けるー!わーい!お得ー!!もう、これは聴いたことあるから知ってるー!!(15分前くらいに聴いただけ)って気持ちが圧倒的に勝って、オープニングよりノリノリでペンライト振ってた。

 

  • 旅は続くよ

突然現れる、ニコニコ笑顔の高地優吾くん。

「これからSixTONESと一緒に色んなところ冒険して行きましょう」って説明があり、コンサートのコンセプトを何となく把握する。

この曲では、高地くんがメンバー一人ずつと絡みながら冒険して、最後はセンターステージまで行くんだけど、高地くんの世界観に非常にあってた。誰も傷つかない感じ、わくわく笑顔だけの感じ。メンバーがバックダンサーになるところもとてもよかった。

ここまでのピリッとしたコンサートの雰囲気が一気に明るくなった。高地くんのSixTONESでの立ち位置がそのまま現れてた。

 

  • JAPONICA STYLE 

冒険の末、たどり着いた場所は日本(ってことでしょうね)

桜が舞い落ちる中で歌うJAPONICA STYLE。初披露から約半年。すっかりSixTONESらしい曲になったな〜と。日生劇場での魅せ方もいいけど、大きい会場でもしっかり見応えあったし、腰振りは健在だった。布にたくさん皺が増えてることも、たくさん歴史重ねてきたなーって双眼鏡覗きながらしみじみした。

そして、扇子投げ、成功してた。はず。

 

  • BRAVE SOUL

突然の太鼓!?え?!でもイントロはBRAVE SOULじゃん!?と混乱してると和太鼓始まった。そして、棒回すし、殺陣始めるし、一曲に詰め込みすぎ〜!最高〜〜〜!!

樹くんの生ギター見られたのも嬉しかったし、それに合わせて刀投げる北慎もよかった。

東西SHOW合戦のときに、北斗くんが棒回しソロやってて、あれがまた見れるのか?!と思ったけど、同じことはやらなかった。SixTONESらしい判断だった。

 

  • 幼少期の写真コーナー

慎太郎くん出てきて、ソロか?!と思ったら小さい頃の写真出してきた。めっ天使森本。森本慎太郎は今も昔も可愛いと思ってる人間なんだけど、あの写真はめちゃんこ可愛かった〜。

そして、次々と出てくるメンバーの幼少期の写真。みんな可愛い。どれも初出しのもの。可愛い、可愛い。

樹くんがお母さんに向かって「ママー、大好きだよー」って言って、客席が\きゃーー!/って言ったのに対して、慎太郎くんが「はい、勝手に自分に置き換えない〜」って突っ込んだの、ナイスツッコミだった。ヲタクの心、バレてた。私はあのとき、勝手に北斗くんの母になってた。ハッとした。ごめんって。

 

  • 赤とんぼ

「一緒に」って言われて、始まる赤とんぼ。今まで行ったコンサートの中で童謡を一緒に歌った経験なかったから戸惑った。歌詞出てるけど、北斗くん見たいし。そしたら歌えないし。そしたらジェシーに「歌ってくれないの?」って言われるし。

 

  • 茜空

赤とんぼからの茜空。秋の夕方。この流れ天才的な流れだった。

スクリーンに「茜空」って曲名が出てきた瞬間、気持ちは2年目の少年たちに戻った。京本くん、金髪だし。

でもあの時は細切れで歌ってたので、今回曲として一曲まるまる聴けて嬉しかった。

メンバーカラーのピンクに染まった横アリの、センターステージの真ん中で、ギター一本で歌う京本大我くん。まるでシンガーソングライターだったよ。「紡いでいこーーーーーー」のところが横アリいっぱいに響いて、「あぁ、広い会場でしっかり響いてる…」って嬉しくてたまらなかった。

 

  • あやめ

北斗くんのソロって、「松村北斗ワールド」全開で、何かしらストーリーがあって、歌うものばかりだったので、今回はどんなワールド見せてくれるかな〜?って思ってたら「あやめ」だった。

失礼ながら原曲をほぼ知らなかったので、両隣のNEWS担から教えてもらってシゲさんの曲って知った。

伏し目がちに歌う北斗くん。あやめの花を抱きしめる北斗くん。あやめを切なそうに握りしめて走る北斗くん。倒れこむ北斗くん。あぁーーー切ないーーーーーーーー。なんで北斗くんって、あぁいう不憫な感じ?似合うんだろうねー。今回のソロも大好きでした。完敗。

 

  • この星のHIKARI

北斗くんのソロからがらっと変わって、この星のHIKARIのイントロ!

チャッチャチャッチャー、チャッチャチャッチャー♪

横アリで!この星の!大合唱!!!楽しすぎ!!!!外周走るSixTONES可愛すぎ!!!イエイ!楽しすぎ!!!!!

SixTONESのファン、声出すぎ!笑

 

  • SHOT!

ここからセクシーSixTONESゾーンに突入!!!

これ、KAT-TUNさんの曲なんですね!知らなかったけど、とってもかっこよかった!

外周に突然スタンドマイクが出てきた時はびっくりした。しかも動くし。そんなセットあったの?!

 

  • はだかんぼー→LOVE JUICE

最終的に北斗くんがシャツの前全開で、樹くんのネクタイ咥えて歌ってたって記憶。(雑)

 

  • MC
  1. シャツの前はだけたままMC開始。覚えてることだけ。
  2. 「新曲始まりは賭けだった。」
  3. 久しぶりに円陣組んだ。\やってー/1万7千人喋ったらわかんない!笑
  4. 「何時に寝た?」北斗「2時…」→ざわめく会場
  5. 樹の衣装はライオン→「やっとく?」→樹「心配ないさーーーーー」
  6. きょもの衣装はコウモリ、北斗は鳥。「かぶってない?」→鳥の真似して近づく京本→照れながらノる北斗→手を嘴にしてチュ!→会場悲鳴
  7. 京本くんの新ギャグ「幸せなら、松たか子!さん!さん!」→慎太郎くんの新ギャグ「幸せなら、松たか子!レリ!ゴー!」
  8. NEWS増田くん紹介。「大我のソロ、手越とね。で、北村くん?」北斗「松村です…」樹「北村でいこう!」北斗「はい!じゃあ!北村です!」増田「で、北山くん?」樹「それ、キスマイです!!!!」
  9. 増田「てごきょも?だったから、マスくるかと思うじゃん?そしたらシゲ!」スト「あとまだソロの残りいます」「あるかもしれないっす!!!」(しかし、その後、増田くんの曲はない)
  10. 他の見学は京本父、King & Prince(平野くん以外)と、大西流星くんと、トラジャと、長妻くん、諸星くん。
  11. キンプリ「5月23日にデビューです!」ジェシー「え?23日?じゃあ俺ら22日にしよっか」
  12. 「ジャニーズJr.チャンネル in 横浜アリーナ!」をみんなで録画。自撮り棒は安定の樹。
  13. 樹「二人はけちゃったんだけどさ、言ってなかったんだけど、俺たち、ブログします!楽しみにしててください!」

 

  • why

嵐のようなMCタイムの後、しっとりと聴かせるwhy。

京ジェの歌声が横アリに響き渡る。SixTONESの歌声の主軸は、やっぱりこの二人だし、この二人がいれば歌で負けないし、絶対大丈夫って思った。

二人が全身使って、のびのび歌ってる姿がカッコよかった。

 

森本慎太郎のソロ!歌って踊る慎太郎ソロ!これが見たかった!

慎太郎くん、めっちゃ歌上手いし、踊れるのに、最近爪隠しちゃってたから、単独コンサートでしっかり魅せてくれてよかった。

歌って踊って、メンバーをバックにつけて。このらメンバーをバックダンサーに付けるって演出も好きなんだけど、森本慎太郎くんが横アリのセンターステージでガシガシ踊るってのが、よかった。

最近はお笑い担当みたいになってるけど、こうやってソロ曲をしっかり魅せてくれるのは単独コンサートの特権だな。

 

  • Ready?→12 o'clock

Readyの時メインステージのセット使って、縦に並んで左右に歩くんだけど、高さを使った演出?ってるいうのかな?とてもよかった!(記憶薄い)

 

  • 黒ーんず

突然メインステージにゲーム画面!現れたのは、青い音符の被り物付けた樹くん。

やっぱりSixTONESを追いかけてる設定の黒ーんず達。横アリでSixTONES探す、らしい。

それぞれ今回は武器持ってて、高地くんが武器なくてブレイブソウルの棒持ってきたの、笑った。ブレイブ!ソウル!の第2弾をできるとは思わなかったし。

メインステージからセンターステージに移動する時、樹くんの後ろをみんなが付いてくるんだけど、5人のイタズラで付いてこなくて、そのワチャワチャした感じがとってもかわいかった。

黒ーんずは、単独でしか歌わないから、単独入らないと聴けなくて、ファンの間だけで知られてる曲、みたいな扱いになってるけど、楽しい曲だからもっと世間に広まってほしいし、大合唱したいから、YouTubeで配信してほしいな。

 

  • D-Motion→Battery

電子音流れて、サングラスかけたからBatteryかと思ったら、まさかのD-Motion!!!!ギャーーーー!!!久しぶりに聞いたけど、編集されまくってて、さらにかっこいいアンドロイド曲になってた。

続いてBattery!!!D-Motionからの繋ぎ、最高にかっこよかった。SixTONESって先輩の曲を自分たちのものにするの、天才的にうまいと思ってたけど、この流れ最高だった。D-MotionもBatteryも、少年倶楽部の放送を何回も観てるくせに新鮮な気持ちになれたのは見せ方が違うからだな。

 

  • Jumpin' up

イントロ流れた瞬間、叫んだ。そして、気持ちはガムシャラ J's Party vol.7に戻った。1月のEXシアター。ジェシー以外の5人だけのステージ。まだSixTONESが結成される前のこと。この曲のラップにジュリコールが始まったの、この頃だよね?何度も何度も繰り返し観てるガムパ7で歌ってるあの曲を、横浜アリーナで聴いてることが嬉しかった。

そして、1万7千人のジュリコール!樹も嬉しそうだったけど、周りのメンバー(私が見てたのは北斗くんだけど)も嬉しそうだった。

結成前にやってた曲をここまでこのコンサートでやってこなかったけど、この時Jumpin' up聴いて懐かしスイッチ入ってしまった。

 

  • I LOVE YOU

ジェシーが「予想外だと思う」って言って始まるから、キンキさんかなー?って思ってたら、まさかの尾崎豊さん!!!いや、Jr.のコンサートで、事務所以外の曲歌ってアリなの?!?!って動揺した。ジェシーさん、そりゃあ予想外だよ。

でも、会場がうっとりする歌声だった。優しい優しい、I LOVE YOUだった。会場全体が真っ赤なペンライトで、I LOVE YOU聞き惚れてた。気持ち良さそうだった。さすがだよ、ジェシーさん。

 

  • 樹ソロ

突然現れる鉄のやぐらみたいなセット。そこに乗ってる樹。めっちゃオラついてる樹。シャッシャッシャッシャー、ってラップしてる樹。「あぁー、SixTONESこれこれー」って感じ。

やぐらの下の段にはほかの5人が出てきて、樹のラップを盛り立てる。やぐらのセットは鉄むき出しで、いかにも「不良!ヤンキー!」って感じで、それはそれはSixTONESらしくてかっこよかった。目があったらやられる…という圧がビリビリ感じられた。

で、それぞれ「Amazing!!!!!!」とか「JAPONICA STYLE」とか書いてある板を持って6人でバックステージに移動。

 

  • オリジナル曲メドレー

これまで歌ってたオリジナル曲のremix。ただのメドレーじゃなくて美味しいとこ取りメドレーで、何が何やら分からないうちに次の曲に繋がる感じ。バクステからちょっとずつメインステージに進んでいくの、にくい演出。かっこいい。最近聴けなかったドロストも一瞬聴けた。

このメドレー、初見だから…このメドレー、聴いたことないから…と、盛り上がろうとするんだけど、どうしたらいいの?なにこれ?かっこよすぎるんだけど?ってやっぱり戸惑う。

 

  • Amazing!!!!!!

メインステージに並ぶ6人。イントロ流れて、火柱ドーーーーン!!!!って上がった瞬間「これが見たかったのー!!!!!!!」って心の底から思った。

アリーナコンサートだからできる演出。アイドルだから、ジャニーズだから見せてくれる世界。SixTONESの代表曲「Amazing!!!!!!」でそれが見られた。Amazing!!!!!!の完成形はこれだな、と。

SixTONESと一緒に動くペンライトが綺麗だった。上がる炎が綺麗だった。色んな曲のremixからのAmazing!!!!!!は、SixTONESからのメッセージに思えた。「どこまでもついてきな」って歌う6人が眩しかった。この1年で何度も見た黒の衣装も眩しかった。いつもする樹くんのヘソ出しも、北斗くんの「Ama〜〜zing」も、いつもより眩しかった。

 

  • Beautiful Life

大好きな大好きな曲だから、歌ってくれたことは嬉しかったけど、出来ればこの曲を歌わないでほしかった。だって、終わりだから。イントロ流れたら「あ、これ、終わりだ」ってわかったから。

3年目の少年たちで初めて披露したこのBeautiful Lifeは、ひとりぼっちの京本少年が仲間に出会って、「仲間と一緒に歌いたい」っていう夢を同じチームの5人が叶えてあげる歌だったので、コンサートラストで京本くんと5人が歌ってるの見たら、少年たちの京本くんと重ねて勝手に悲しみスイッチを入れてしまった。

途中でペンライト消して、樹くんが「せーの」って言ったら赤にする、って演出があって、みんなのペンライトが消えるの綺麗だったし、それがパタパタとついて、真っ赤になるのも綺麗だった。

最後、ありがとう、ありがとう、って言う6人。嬉しそうな顔してたなー。でも、きっと私も負けないくらい嬉しそうな顔だった。

 

  • アンコール SHOW&SHOW→BE CRAZY

スタンドトロッコに乗って動く6人。遠かった。高い所にいた。正直、見るのサボってた。そしたら「下の方サボんな!」って怒られた。

だって遠かったから。そんな高い所にいるSixTONESのこと、今まで見た経験なかったから。あー、広いなー、会場広かったなー。でも、みんなでバンバンバンの銃撃戦したの楽しかったなー。北斗くんめがけて、めっちゃ撃ったなー。

そして、BE CRAZY終盤できょもほく事件が起きた!!「夢見た未来を〜」の所で京本くんソロになるんだけど、北斗くん、スタンドで行き場なくしてカーテンの陰に隠れようとして。そしたら京本くんが手招きして。恥ずかしそうに北斗くんが近づいていったら、京本くんが北斗くんの肩をガッっと組んで「夢見た未来を〜」って歌い出した。夢かと思った。私がカメラマンだったらガッツポーズしながら必死にシャッター切ってた。そうなんだよ、いつだってきょもほくは、京本くんからなんだよ。京本くんはいつだって手を広げて「こっちこいよ」って待っててくれるんだよ。近づくも離れるも、決定権は北斗くんに握らせてくれてるんだよ。きょも兄ちゃんと、弟ほっくんなんだよ。

そうこうしてる間にスタトロが一周しちゃって、アンコール2曲終了。

 

メインステージに戻った6人。

「じゃあいつものやっちゃう?」とジェシーと「初めてだけど!笑」って言う慎太郎。

私の記憶では結成した年のクリエの最終公演日2015年5日4日の最後、アンコールで出てきた6人が「俺たちが〜」「しっくすとーーーんず!」「パーン!パーン!(銀テープ飛ばす真似)」をしてたんだよね。この時、まだ「しっくすとーんず」だったし、銀テープも出ないし、会場にいたの600人くらいだったけど。

そこから1万7千人に増えて、銀テープも飛んでさ。みんなでグループ名叫んでさ。

「俺たちが〜?」\SixTONES!!!!!!/って言ってさ。あー、また一歩進んだわ。SixTONESの一歩、また見られた。

全力でみんなでズドン!して、手を振りながら、はけていく6人。

もう満腹って気持ちと、まだ見たいって気持ちで、必死に\SixTONESSixTONES!/って呼んだ。だって、声があれば出てこれるって言ってたもん。

 

  • Wアンコール→この星のHIKARI

そしたら、出てきた。よかった。嬉しそうに6人出てきた。照れながら出てきた。もう少しだけ、一緒に楽しめるんだ。

「本当に曲ないんだって」「なに歌う?」って言う6人。何でもいい、3秒笑ってでもいい。なんか歌って?って思ってたらジェシーのヤダが始まって、アメージング歌い出す横アリの1万7千人。Wアンコで、元気すぎるわ。

「じゃあ、最初にもらったってことで。この星のHIKARIいく?」って樹くんが言って、「かかる?かかる?」って聞いてて、その、予定調和じゃない感じがとてもよかった。予定調和、崩して出てきてくれたんだね。ありがとう。

この星のイントロ流れて、笑顔で横アリ走り回る6人は本編のかっこいいSixTONESとは違って肩の力抜けてた笑顔だった。私もだけど。

「時止まってほしいね」って樹くんが言って、「時止まってほしいね」って北斗くんが言って、「私もー!」って心の中で答えた。「時が止まればと、初めて感じた」なんて、そもそもニクい歌詞だよなー。

一曲終わったら、ありがとう、ありがとうって言いながら帰っていったSixTONES

もう十分だけど、でもまだまだ観たかった。

だから必死に\SixTONES!/って言ってた。

退場アナウンス流れて、でも、SixTONESって呼んで、でも、やっぱり無理か、って悟った時、拍手に変わって。ありがとうございました、って言いながら帰った。

いいコンサートだった。満腹だった。

 

 

 

 

ここからはあとがき。というか、私の叫びです。

 

コンサートが終わってからずっと考えてるのは、「どうしてこのコンサートが一回しか見られないのか」ということ。

「コンサートは一回見れば十分でしょ?」ってよく言われるけど、それで十分な人はそれでいい。でも、私はコンサートは一回じゃ足りない。同じものを何度も見たい。何度も見て「今日はこんな風に歌ってた」「今日はここの踊り方がめっちゃよかった」「今日もやっぱりかっこいいー!」って言いたいんだ。なのに、SixTONES横浜アリーナのこのコンサート、一回しかない。おかしいでしょ!!あと3回は見たいんだって!!!!

 

「俺たちは 違う形で 売れていく」と、昔ジェシーが雑誌で言っていたようにどんな形でもSixTONESが盛り上がって、売れていってくれればそれは嬉しい。でも、売れるってなに?売るためのCDは、まだ出てない。

単独コンサートが終わったいま。これだけ楽しいコンサートができるSixTONESと、デビュー組の違いってなんなんだろうって必死に考えてるのに答えが全く見つからない。「CD一枚出てるか出てないか」でこんなにも違うんだね。テレビの企画で、タイアップで、って先輩達はたくさんCDを出すのに、1枚目のCDを出す道のりは果てしなく遠く感じる。デビュー組はコンサートするっていったら、ツアーで回る。なんでSixTONESのあんなに楽しいコンサートに、私は、1回しか行けないんだろう。デビューしてないから?じゃあデビューするにはどうしたらいいの?そんな疑問ばっかり。ひたすら一人で壁打ちしてる。

3月23日のYouTubeで「SixTONESの最大の目標は?」って聞かれて「世界的ヒット」とか「社会現象」とか答えてた。でかいなー。頼もしいなー。デビューじゃないんだ。かっこいいなー、眩しすぎるよ。

CDが売れない時代。YouTubeって所で活躍の場が一つ増えて、世間に知られるチャンスが増えたのは嬉しい。もっともっと注目されたらいい。SixTONESは世界に出て行くグループだから、YouTubeから新しい道を歩んでいけばいい。でも、CDを出して、コンサートツアーをして、DVDとして楽しかった思い出を残すっていう当たり前の形は、絶対、実現してほしい。

3年前にグループ結成した時、SixTONESって名前をもらった時、「もう6人はずっと一緒にいていいんだってよ」って言ってもらえたみたいで嬉しかった。初めて6人でオリジナル曲を歌ったのを見た時、真っ白な曲にSixTONESの色が付いてたのが嬉しかった。SixTONESが「初めて」を更新するを見るのが楽しいし、嬉しい。けど、夢はまだまだだ。

 

「デビューしないとコンサートたくさんやらしてもらえないんじゃないの?ツアーさせてもらえないんじゃないの?DVDにならないんじゃないの?じゃあ、なにがなんでもデビューしてよ。」なんて言ってる私に、SixTONESはいつか答えてくれる。「そんな小さいこと言ってんじゃねぇよ。もっとデッカい、楽しいもの見せてやるよ。」って、SixTONESなら言ってくれる。そう思ってついていく。

 

 

 

 

長々と読んでいただき、ありがとうございました!